2008年10月01日

ゲリラ豪雨とは

ゲリラ豪雨とは、限られた地域に、短時間に多量の雨が降る「集中豪雨」のことを最近になり「ゲリラ雨」、「ゲリラ豪雨」と呼ぶようになりました。

ゲリラとは”無許可で少人数かつ短時間で行うこと”という意味があり、気象学上でゲリラ豪雨に関する明確な定義はありませんが、10Km〜数10Kmの範囲内に1時間で50mlを超える雨の量を目安に呼ばれています。


近年多発しているゲリラ雨は、電気、ガス、水道、下水、電話、交通機関など、ライフラインの機能を著しく低下させ、現代社会において、このライフラインへのダメージは生活へ直結します。


東京で発生したゲリラ豪雨の例では、数千件の停電が発生しています。

また、水道の被害においては、土砂崩れやなどにより1週間以上も断水が続く場合もあり、日頃からの対応が必要になります。


なお、この現象は日本だけではなく、世界中で異常気象が増加していて、集中豪雨や干ばつ、黄砂、竜巻、ハリケーンの増加などがあり、こういった異常気象は現在世界的な問題となっている地球温暖化との関連性が指摘されています。
posted by ゲリラ豪雨とは at 08:45| Comment(5) | TrackBack(0) | ゲリラ豪雨とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。